末端冷え症(2014/09/21)

こんにちは。ノーブルスタッフの山本です。(‘ω’)ノ

最近は、朝晩が本当に冷えてきましたね。

手足が冷たくなったりして、冷え性の方には辛い季節がやってきました。(>_<)

私も末端冷え症なのですが、指先が冷たくなって、こわばってしまいます。

そこで、今日は末端冷え症の改善についてお話ししたいと思います。(*^^*)

 末端冷え症とは、手足の末端部分に血液が上手くまわらず手先、足先が冷たくなる状態の事。

クーラーの効いた部屋や寒い時期に薄着でいると、末端冷え症になる可能性が!!(゚Д゚;)

対策は、

1、お腹を温める。

手足が冷たいなら、そこだけ温めればいいと思いがちですが、それだけでは冷え症は改善されません。体全体を温める必要があります。また、内臓が冷えると、体は内臓を温めようとするため血液がお腹へ集中します。体は本能的に、重要な器官が集中しているお腹を守ろうとするんです。その分だけ血液がお腹に集中するため、末端部分の手足だけを温めても末端冷え症は改善されません。

なので、まずはお腹を温める事から始めましょう♪

 2、少しでも運動を心掛ける。

末端冷え症の原因のひとつは運動不足。普段から運動をしないので、血行が悪くなり、細かな血管にきちんと血液が回らずに、老廃物が蓄積されてしまう事で、こういった症状が出てしまうんです。

なので、指先まできちんと血液が流れるように、少しでも運動を心掛けるようにしましょう♪

 3、水分をたくさん摂って、指先をこまめに動かすこと。

先を動かすといっても、無理に細かい事をする必要はありません。手や足をグーパーするだけでもいいんです。何回かグーパーするだけで、手も足も温かくなってきますよ♪

 4、手のリンパマッサージ

体内の老廃物を運ぶリンパの流れをスムーズにするリンパマッサージも、末端冷え症の解消にはオススメです。簡単なやり方お教えしますね。

 ①手を開き、指の一本一本を指先から手首に向かって流すように軽くマッサージします。

②手首からひ肘、脇に向かってリンパを流すイメージでさするようにマッサージします。

③これを繰り返していると、ポカポカと温まってきます。よく温まったら終了です。

 5、食べ物の習慣を改善する

冷え症と食べ物には、大きなつながりがあります。末端冷え症の方は食生活を見直してみましょう。冷え性の改善には、陽性の食べ物(体を温める)を中心にして、陰性(体を冷やす)、中性の食べ物を少しずつ取り入れるようにするといいですよ。

陽性の食べ物:生姜・ニンニク・ネギ・ニラ・鶏肉・レンコン・アジ・イワシ等

陰性の食べ物:トマト・きゅうり・ナス・ゴーヤ・ひじき・パイナップル・バナナ等

中性の食べ物:とうもろこし・ごま・さつまいも等

同じ野菜でも、加熱したり生で食べるより、加熱して食べる方が冷え症改善にはいいですね。スープや味噌汁で 野菜を摂ると良いですよ。発酵、加熱、圧力を加えることによって、陰性の食べ物も陽性に変える事ができるので、上手く取り入れてみて下さいね。

 

 この他にも、砂糖や合成甘味料、スナック菓子、チョコレートなんかも陰性の食べ物なので、取り過ぎないように注意してくださいね。(^_^)