コラーゲンNG摂取方法 (2014/11/26)

こんにちは。ノーブルスタッフの山本です。(‘ω’)ノ

朝起きて、肌の調子がいいと、その日1日気分が良くないですか?

反対に、ニキビやくすみ、シワが目立つと気分も下がりますよね。

栄養補助食品を摂取してる方も多いと思いますが、なかでも『コラーゲン』は人気の高い栄養素ですよね。

コラーゲン入りのドリンクやサプリ等、ドラッグストアなどでも手軽に購入できるので、とりあえず摂取している方も多いのではないでしょうか。

しかし、『コラーゲン』は接種方法を間違えると、肌や体にトラブルを起こす場合もあります。

たとえば、コラーゲンの過剰摂取。

コラーゲンの1日の摂取目安量は5~10gです。摂れば摂るほど良いわけではないのです。コラーゲンが含まれている食べ物は高脂質なものが多く、ニキビが出来たり、体重を増加させることも。

コラーゲンは胃でアミノ酸に分解されて、排出されなかった余分なアミノ酸は脂肪になり、セルライトが出来る原因に。

腎臓が弱い人は、排尿が上手くいかなくなり、むくみや頭痛が出やすくなります。

なので、コラーゲンの働きを助けて、よりキレイになれる摂取方法をご紹介します。

1.適量を守る。

2.コラーゲンの働きを助けるビタミンCを一緒に摂取する。

3.紫外線を受けて壊れた皮膚のコラーゲンを再生するプロリンという成分が含まれている緑茶、チーズ、トマト、昆布、鶏肉などと一緒に摂取する

4.寝る前に摂取する

『コラーゲン』は接種方法次第で、よち効果を発揮させることが出来るので、上手にコラーゲン摂取をしていきましょうね!(*^^)v

ちなみに、お肌に直接コラーゲンを導入する場合は・・・

nobleのP2014_0904_134510生コラーゲン導入   ¥3,240 がおススメです。(^^♪